何歳まで諦めないで不妊治療にチャレンジできる?

今は結婚自体が遅くなってきている時代ですので、高齢になってから結婚して子供が欲しいと思う人も多いと思います。何歳まで不妊治療を行う事ができるかというと、病院によって変わってきます。年齢が上がるにつれて、妊娠の可能性が低くなってきてしまいますし、高齢出産に伴う様々なリスクなどもある為、45歳ぐらいまでが受け入れの限度としている病院も多いです。

 

もちろん人によって体内年齢などが変わってきますので、高齢でも妊娠出産する事ができる人もいます。病院で不妊治療を行いたいと思っているのであれば、できるだけ早く病院に行く事をお勧めします。

 

45歳までとしている病院が多いですが、病院によっては45歳を超えても受け入れてくれるところなどもありますので、何歳まで受け入れてもらう事ができるのかを事前に確認しておくとよいと思います。もちろん高齢出産したからといって、必ずしもリスクが伴うとは限りませんが、若い人に比べてリスクが高い事などは、しっかりと理解した上で不妊治療を行う事をお勧めします。

 

少しでも早く子供が欲しいと思うのであれば、結婚したらすぐに夫婦2人で検査を受けに行く事が大切です。年齢が若ければ若い程、妊娠、出産の確率は高くなりますので、検査を後回しにするのではなく、早めに検査を受けに行く事をお勧めします。また高齢で不妊治療を始める場合は、よく専門医の方と相談してからどうするかを決めるようにする事をお勧めします。

更新履歴