月経不順が不妊の原因になるって本当?

月経不順は、不妊症の原因となる事も多く、月経不順に起因する不妊症の原因として排卵障害と黄体機能不全が挙げられます。
月経不順には、稀発月経や頻発月経、過長月経、過多月経、過少月経、過短月経など数多くあります。

 

稀発月経は、25~38日が正常な周期とされる月経において、39日以上の長周期の月経であり、卵巣の機能やホルモン分泌の障害が原因とされています。稀発月経には、妊娠が可能な排卵性の月経周期と妊娠が難しい無卵性の月経周期があります。

 

頻発月経は、排卵日から月経開始までの期間が24日以下のという短い月経周期であり、卵巣機能の低下やストレスによるホルモンバランスの乱れが原因とされています。頻発月経には、黄体ホルモンの分泌不足により子宮内膜の成熟を阻害し、受精卵の着床障害や流産のリスクを高める黄体機能不全があります。過長月経や過多月経は、月経期間が8日以上続く月経をさし、性腺刺激ホルモンの分泌を司る視床下部や脳下垂体、卵巣などに障害があり、無排卵性月経周期や黄体機能不全になっている可能性があります。又、過多月経は、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどの疾患を発症しているケースもあり、不妊症の起因となります。

 

過少月経や過短月経は、月経期間が2日以下だったり、経血量が非常に少ない月経症候であり、女性ホルモン不足による子宮内膜のみ成熟や子宮自体の発育不全、甲状腺機能障害により発症し、適切な処置を施さないと不妊症のリスクが高くなります。